酪総研選書

目で見る
牧草と草地




編著 山下太郎 (酪農総合研究所研究顧問)


 平成11年刊行以来、大きく美しいカラー写真を豊富に用いた、現場で役に立つ平易な教科書として、関係者に大好評を得た、酪総研選書「目で見る牧草と草地」。
 本書は、分かりやすい紙面レイアウトはそのままに、発刊から12年が経過する間に続々と誕生した牧草新品種や、向上した栽培技術、進展した機械等、多くの情報を追加増補したシリーズ「最新版」です。
 飼料生産に携わる酪農家、研究者、指導者、学生等、すべての牧草関係者に必須の1冊です。


体裁/A4判、134ページ、オールカラー
定価/2,500円(本体価格2,381円)
送料/300円

※ 購入は「書籍購入カタログ」よりお願いいたします。



 本書の特長

@ほぼ全国に広がる執筆陣による、寒地酪農から暖地酪農まで適用可能な牧草類を網羅

A単なる牧草類の解説書ではなく、土壌から放牧、病害虫・雑草に至るまで、周辺分野にも及ぶ解説

B牧草・草地の現場写真を多数掲載、平易な解説・見開き単位の構成で読みやすく分かりやすい