書籍の購入・カタログは、右上のプルダウンメニューからご入場下さい。
 新刊情報

Welcome to
MaY MARCHE
マーカス・ボスの北海道野菜
人気マルシェを主宰するドイツ人シェフ、マーカス・ボス氏による初の料理本。北海道野菜を楽しむレシピ37品を紹介。
省力・自動化酪農の手引き
近年の酪農経営は、輸入穀物飼料価格の高止まりや生産資材の高騰が経営を圧迫するとともに、経営者の高齢化と後継者不足など、生産基盤の弱体化が懸念されます。そこで注目される省力化と軽労働を支える高機能酪農機械を核にした生産技術の利活用法を紹介し、将来の展望を見いだす一冊です。

北海道の施設野菜
施設構造からの栽培技術、総合環境制御までを多面的に網羅した本は道内初。施設野菜生産者や指導者には必携の1冊です。
ICTを活用した営農システム
次世代農業を引き寄せる
農業生産現場で普及が進んでいるICT技術を、入門編、応用編、事例編に分けて解説

書籍の購入・カタログは、右上のプルダウンメニューからご入場下さい。
 出版部の本

Welcome to
MaY MARCHE
マーカス・ボスの北海道野菜
人気マルシェを主宰するドイツ人シェフ、マーカス・ボス氏による初の料理本。北海道野菜を楽しむレシピ37品を紹介。
デーリィマンのご馳走

ユーラシア各地の牧畜と乳文化を追い求め、フィールド調査を続ける著者が牧畜民ら固有の乳製品や加工技術を紹介・解説します。

書籍の購入・カタログは、右上のプルダウンメニューからご入場下さい。
 デーリィマンの書籍・増刊号

省力・自動化酪農の手引き
近年の酪農経営は、輸入穀物飼料価格の高止まりや生産資材の高騰が経営を圧迫するとともに、経営者の高齢化と後継者不足など、生産基盤の弱体化が懸念されます。そこで注目される省力化と軽労働を支える高機能酪農機械を核にした生産技術の利活用法を紹介し、将来の展望を見いだす一冊です。
フォレージバイブル
草地を最大限に生かし、飼料としての草の生産性と品質を向上させる最新的で実用的な技術を1冊にまとめました。

書籍の購入・カタログは、右上のプルダウンメニューからご入場下さい。
 ニューカントリーの書籍・増刊号

ICTを活用した営農システム 次世代農業を引き寄せる


農業生産現場で普及が進んでいるICT技術を、入門編、応用編、事例編に分けて解説
北海道の新顔野菜 PartU


いちごほうれんそうなど40品目を紹介。栽培、販売までをサポート。調理法や栄養素なども紹介。

書籍の購入・カタログは、右上のプルダウンメニューからご入場下さい。
 酪農経済通信社の本

酪農経済通信特別号
酪農乳業データ
&データ解説集
解説内容は、生乳生産と需給/生乳の計画生産/牛乳・加工乳・成分調整牛乳・乳飲料の需給/チーズ/ヨーグルト/原料乳製品の需給。
酪経新書
Q&A 酪農と乳業
第10集(2008)
酪農に関連する政策、経営、乳業における動きをさまざまな角度から採り上げ、日刊「酪農経済通信」に連載したものに加筆しまとめたものです。第10集刊行

書籍の購入・カタログは、右上のプルダウンメニューからご入場下さい。
 酪農総合研究所の本

最新版
目で見る牧草と草地


平成11年刊行以来、現場で役に立つ教科書として好評を得ました。牧草新品種や、向上した栽培技術・機械など、大幅に追加増補しました。
牛乳・乳製品の消費拡大


国内消費実態の調査資料、乳製品摂取の効能・リスクの科学的根拠、米国・豪州・欧州連合の消費拡大事業の事例報告、の三項を取り上げ、今後の牛乳・乳製品消費拡大事業の目指すべき方向を考察する。

酪農総合研究所のウェブサイトへ
 デーリィマン
全国の酪農家が愛読。飼養管理技術と経営の専門誌です。すべての酪農家に必須の情報がまとめられています。
定期購読お申込み
 ニューカントリー
北海道農業をめぐる動きを生産者の問題として企画・編集。バラエティに富む特集や連載。
定期購読お申込み
 ロングセラー&おすすめ本
テレビ・ドクター3
シリーズ3冊目。内科、外科、繁殖関連100の病気を実例と写真に基づき解説。


COW SIGNALS
写真や表でわかりやすく「牛の観察法」を解説。

大好評!増版北海道の
新顔野菜

珍種40品目の種苗購入から栽培、販売までをサポート。調理法や栄養素・機能性なども紹介。

最新 北海道
農業用語辞典

北海道農業を知る上で不可欠な約2500語を厳選し解説。様々な分野からの新語も対応。

北海道の施設野菜
風雪害に負けない構造と栽培技術のポイント
北海移動の施設野菜に関する専門書。

北海道の農業
北海道の農業を分かりやすく紹介。関連施設一覧やJA・団体のHPアドレス一覧も。

北海道農協年鑑
北海道農業の情勢、農政の動きを網羅。道内の農業関係機関・団体・企業の名簿も収録。

酪農経済年鑑
日本酪農の情勢、農政の動きなどを網羅。酪農関係機関・団体・企業の名簿も収録。

犬の臨床
国内の執筆者により、臨床現場での経験を基に解説。390疾病について最新の知見・情報を満載。

牛の臨床
蹄の疾患やBSE・CVMなどの新病も網羅し、患部写真も一層分かりやすいオールカラー。

猫の臨床
臨床現場での経験を基に解説。特徴的な症状による疾病分類、治療薬の商品名も掲載。
▼▲定期購読のご案内
お申込みフォームへ
デーリィマン
ニューカントリー
北海協同組合通信
酪農経済通信
 トピックス
犬の臨床発刊
出版部員の独白
   新刊発行に際して・・
 お知らせ
記念誌・自費出版等のお申込